日給を、日払いでもらえるところもあります。

日雇いアルバイトの日給にかかる所得税とは

アルバイトには長期契約と短期契約、1日から数日限りの日雇い契約などがあります。アルバイトの求人情報などを見ると雇用契約の欄に必ずどういった契約での仕事になるのか、また時給、日雇いの場合は1日あたりの日給が書かれています。日雇いの仕事というのはイベント設営や試験監督、キャンペーンスタッフなどで募集が多くなり、定められた仕事をしていくらという契約で仕事をする事です。

日給だと表示された金額が1万円を超えるものもありますし、仕事の終わりにその場で現金で給与の支払いがある場合も多く、予定も立てやすいので日頃勉強などで忙しい学生さんにも人気があります。しかし、ここで注意が必要なのは、求人情報で表示された日給額をすべてもらえない事があるという事です。

日雇いバイトの場合源泉徴収するのかしないのかは雇用会社によっても違いがあるようですが、日額9400円未満の場合は徴収されませんので、提示されていた日額がそれ以上の場合は源泉徴収の有無を雇用会社に確認するもの良いでしょう。もし源泉徴収されている場合は年末調整によって戻る場合もありますが、戻る金額も学生か主婦かなど自分の立場によっても異なりますので、日雇いとはいえアルバイトをする場合は税金の事も意識しておきましょう。

Copyright (C)2017日給を、日払いでもらえるところもあります。.All rights reserved.